【オリックス】新助っ人198センチ右腕ジェイコブ・ワゲスパックを調査 今季3Aで7勝2敗

スポーツ報知
オリックス・中嶋聡監督

 オリックスが来季の新外国人として、ブルージェイズ3Aバファローのジェイコブ・ワゲスパック投手(28)をリストアップしていることが28日、分かった。日本シリーズ終了から一夜明け、早くも戦力整備に着手。まずは先発陣の強化へ、身長198センチの大型右腕を有力候補に絞り込んだもようだ。

 中嶋オリックスが早くも来季へ動いた。水面下で調査してきた新外国人候補で、ワゲスパックが最上位に挙がっていることが判明。150キロに迫る直球を軸にカーブやチェンジアップを操り、昨年はブ軍で山口俊(現巨人)と同僚だった本格派だ。今季は3Aで主に先発として7勝2敗、防御率2・86の成績を残した。

 今季はエース・山本が18勝で初の最多勝。高卒2年目左腕の宮城が13勝で続いた。計算外だったのは助っ人勢で、在籍9年目だったディクソンが新型コロナの影響で5月に退団。外国人の先発機会は4度にとどまり、先発では1勝も挙げられない惨状だった。

 外国人の編成を巡ってはジョーンズが今季限りで退団。モヤ、ヒギンス、スパークマンもチームを去る。来季も残留予定なのは投手のバルガス、野手ではラベロの2人だけ。“血”を入れ替え、オフも効果的に補強する方針だ。

 日本シリーズで敗退した中嶋監督は「チーム、選手個人すべてが、まだまだレベルアップできる」と熱く訴えかけた。26年ぶりの日本一へ、ワゲスパックは強力なピースとなり得る。

 ◆ジェイコブ・ワゲスパック(Jacob Waguespack)1993年11月5日、米国出身。28歳。ミシシッピ大から、15年にフィリーズ入団。18年にブルージェイズへ移籍し、19年にメジャーデビュー。メジャー2年で通算27試合5勝5敗、防御率5.08。198センチ、106キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請