大阪・関西万博のテーマソングを「コブクロ」におねだり 吉村洋文大阪府知事&松井一郎大阪市市長が

「中之島ウィンターパーティー」に出演したコブクロ
「中之島ウィンターパーティー」に出演したコブクロ

 人気デュオ「コブクロ」、漫才コンビ・ミルクボーイが28日、大阪市中央区で開催されたイベント「中之島ウィンターパーティー ~Road to EXPO 2025~」に出演した。今イベントは、ドバイ万博ジャパンデーを前に、2025年大阪・関西万博への機運や期待感の向上につながるよう、大阪の魅力を広く発信することを目的として行われた。

 大阪府の吉村洋文知事と、大阪市の松井一郎市長は、コブクロに2025年大阪・関西万博のテーマソング作曲をお願い。公式には役員会議を経て決定するが、大阪府の2トップからの猛プッシュに、小渕健太郎は「大事なチャンス。音楽という力で応えられるように頑張ります。小さな子からお年寄りまで口ずさめるような、誰もが歌える歌を作りたい」と応じた。イベント終了後、囲み取材に応じた松井市長は、コブクロがテーマソングを作った場合「当然歌います」と約束。吉村知事も「松井市長とカラオケボックスで」と、老若男女が歌える曲を希望した。

 ミルクボーイは「おかんが好きな道の名前を忘れた」をネタに漫才を披露。内海崇は4年前に御堂筋でイルミネーションの電飾を付けるアルバイトをしていたことを明かし「時給1500円。交通費支給なし。ヘルメット支給はあった」と、笑いを誘った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請