照ノ富士、20代最後の日に初の全勝達成「うれしく思います」次なる目標は「2ケタ優勝」

記念写真に納まる(左から)敢闘賞・隆の勝、幕内優勝・照ノ富士、技能賞・宇良、敢闘賞・阿炎
記念写真に納まる(左から)敢闘賞・隆の勝、幕内優勝・照ノ富士、技能賞・宇良、敢闘賞・阿炎

◆大相撲九州場所千秋楽(28日・福岡国際センター)

 横綱・照ノ富士が自身初の全勝を達成し、14日目に決めていた2場所連続6度目の優勝に花を添えた。大関・貴景勝に突き放される場面もあったが、よく見て押し出し。横綱相撲で1年納めの場所を締めた。年間77勝を挙げ、今年1月の初場所の関脇から最高位まで上り詰めた2021年。29日で30歳となるが、22年はさらに盤石の強さで“照ノ富士時代”を築く。来年初場所は1月9日に東京・両国国技館で初日を迎える。

 コロナ下で2年ぶりに開催された九州場所。一人横綱の重責を果たした照ノ富士に、“満員御礼”の会場から大拍手が送られた。貴景勝を押し出して、14日目に決めていた自身6度目の優勝を、初の全勝で飾った。「やっぱり今までできなかったことですから。うれしく思います」。優勝インタビューでは、15日間張りつめていた表情が和らいだ。

 千秋楽結びの大関戦、締めも“横綱相撲”だった。12勝と好調な貴景勝の突き押しを、古傷の膝を曲げて受け止めた。四つに組まずとも圧力で上回る。今場所、相手得意の相撲を取らせながら、きっちりと白星を挙げてきた。「『これが横綱相撲』というのは分からないけど、(相手を)受け止めて自分の形になってというのは昔からやっている」。徐々に形になってきた理想の内容に、充実感がにじむ。

 平成以降では今年の名古屋場所の白鵬以来、7人目の全勝V。伊勢ケ浜部屋関係者によれば、前夜も祝勝会はせずこの日の朝稽古でも汗を流したという。東京で通う病院とつながりのある「博多メディカルクリニック」の院長がかけつけ、両膝と肩の調子も入念にチェック。万全を期して臨んだ。

 大横綱の白鵬(現間垣親方)が引退した直後の本場所で、1962年初場所の大鵬以来となる新横綱から連覇。八角理事長(元横綱・北勝海)は「横綱に上がってからが立派。一人横綱で大変だと思うが、よく頑張った」とねぎらった。

 29日に30歳となる。20代最後の日を最高の形で締めくくり、「大きい目標を立てて、2ケタ優勝を目指して頑張っていきたい」と次を見据えた。第73代横綱として、新時代を築いていく。(大谷 翔太)

取組結果

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×