最終戦のメジャー、日本シリーズJTカップ出場30選手が決定 

スポーツ報知
9番、バーディパットを外した金谷拓実(カメラ・谷口 健二)

◆男子プロゴルフツアー ▽カシオワールドオープン 最終日(28日、高知・Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)

 次週の最終戦のメジャー、日本シリーズJTカップの出場30選手が決まった。

 ◆「前年度日本シリーズJTカップ優勝者」で〈1〉C・キム(米国)が3年連続4度目。

 ◆「2021年開催の日本ツアー優勝者(アマチュア含む)」で〈2〉金谷拓実が2年連続2度目、〈3〉星野陸也は4年連続4度目、〈4〉岩田寛は2年連続6度目、〈5〉片岡尚之は初出場、〈6〉J・パグンサン(フィリピン)は初出場、〈7〉木下稜介は2年連続2度目、〈8〉比嘉一貴は3年連続3度目、〈9〉S・ビンセント(ジンバブエ)は2年ぶり2度目、〈10〉今平周吾は7年連続7度目、〈11〉アマチュアの中島啓太(日体大3年)は初出場、〈12〉杉山知靖は2年連続2度目、〈13〉池村寛世は2年連続2度目、〈14〉浅地洋佑は2年ぶり2度目、〈15〉谷原秀人は2年連続13度目、〈16〉堀川未来夢は4年連続4度目で計16人。

 ◆「20―21年日本ツアー賞金ランク上位(大会前週のカシオワールドオープン終了時)」で、〈17〉稲森佑貴は2年連続6度目、〈18〉香妻陣一朗は2年連続2度目、〈19〉大槻智春は3年連続3度目、〈20〉池田勇太は13年連続13度目、〈21〉石坂友宏は2年連続2度目、〈22〉永野竜太郎は5年ぶり3度目、〈23〉大岩龍一は初出場、〈24〉時松隆光は6年連続6度目、〈25〉T・ペク(米国)は2年連続2度目、〈26〉宮里優作3年ぶり9度目、〈27〉阿久津未来也は2年連続2度目、〈28〉上井邦裕は9年ぶり3度目、〈29〉片山晋呉は2年連続22度目、〈30〉古川雄大は初出場となった。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請