【DeNA】森敬斗「どちらかというとサボることもあった」…野球教室で自主性の大切さを熱弁

守備を披露する森敬斗(球団提供)
守備を披露する森敬斗(球団提供)

 DeNAは28日、横浜スタジアムで横浜市の少年野球チームに所属する選手(約1100人)を対象にした野球教室「キッズベースボールフェスティバル2021」を開催し、今永昇太投手、牧秀悟内野手、森敬斗内野手らが参加した。

 プロ2年目シーズンを終えた森は、ノックを受ける姿を見せるなどして、小学生球児の視線を受けた。貴重な経験とあって「ちょっとでもためになればいいなと思って話したりしていました。わかりやすく言えたらいいなと思ったけど、伝わったかどうかは分からないです…」と苦笑いだった。

 将来が期待される小学生へは、「自分で練習すること。ただやらされるのではなくて、自分から練習する、向上心を持つという事。僕は小学、中学、高校と練習をガンガンするタイプじゃなくて、なかなか自分から出来なかった。どちらかというとサボることもあった。プロで自分の時間が増えて、自分でやらないといけないというところが多くて苦労したので、練習する癖をつけることは大切だなと思って見ていました」と、自ら練習へ取り組むことの大切さを説いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請