渡部暁斗、ノルディック複合・開幕2戦目は日本勢最高の9位…ドイツ勢が表彰台独占

渡部暁斗
渡部暁斗

◆W杯スキー(27日)

 ノルディック複合男子は、フィンランドのルカで個人第2戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)が日本勢最高の9位に入った。前半飛躍(ヒルサイズ=HS142メートル)で130メートルを飛んで13位につけ、首位と45秒差で出た後半距離(10キロ)で力走。4つ順位を上げた。飛躍4位から出た山本涼太(長野日野自動車)も10位と粘り、開幕2戦連続でトップ10入りを果たした。

 テレンス・ウェーバーが飛躍の首位を守り抜いて優勝。2位にはエリック・フレンツェル、3位はビンセンツ・ガイガーが入り、ドイツ勢が表彰台を独占した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請