ふぉーゆー辰巳雄大「CD出そうの署名運動をしてタッキーに持っていく」

スポーツ報知
東京公演を行ったふぉ~ゆ~

 結成10周年を迎えたジャニーズ事務所の4人組グループ「ふぉ~ゆ~」が27日、TOKYO DOME CITY HALLで初の単独コンサートツアー「NO 4U.NO LIVE ~TEN祭~」(8公演)を完走した。目標のCDデビューはいまだ実現せず、嵐の二宮和也(38)から「事務所が公式に推さない」といじられたこともある異色のグループが、“大逆襲”を誓った。

 多くのグループのバックを務めた4人にとって、初の単独ツアー。辰巳雄大(35)は「ジャニーズで一番、時間がかかって東名阪ツアーができたんじゃないか」と感慨に浸った。越岡裕貴(35)も「遅咲きではありますが、ようやくスタートラインに立てた」と喜び、新曲「Jellyfish」など全22曲で魅了した。

 メンバー全員が、36年に1回訪れ、最強の運勢を持つと言われる「五黄(ごおう)の寅」の1986年生まれ。4人とも98年にジャニーズに入所し、2011年にグループを結成した。グループ名は全員名前に「ゆう」がつくことからジャニー喜多川さんが命名。長く下積みが続いたが、入所22年目の19年に初の単独コンサートを開催。今年10月からCS日テレプラスで初の冠番組がスタートするなど追い風が吹いてきた。

 苦労を感じさせないほど、底抜けに明るい4人だ。CDデビューの夢は実現していないが、今回のツアーグッズとしてCD本体が入っていないプラスチックの“CDケース”を発売。KinKi Kidsの堂本光一(42)から「CDケースデビューおめでとう」と祝福された。松崎祐介(35)は「CDは諦めていません。目標は高く、希望は長く」と目を輝かせた。

 “自称”の公式ライバルは、12日に華々しくデビューした「なにわ男子」。ひらがなのグループ名にシンパシーを抱いており、デビューを先に越されても楽観的。福田悠太(35)は「なにわ男子が売れれば売れるほど、僕たちも売れる」と笑いを誘った。

 来年の目標には前代未聞の「東京23区ツアー」を掲げた。「ふぉ~ゆ~にしかできないことをしたい。駅とかでCD出そうの署名運動をして、それをタッキー(=滝沢秀明氏)に持っていく」と辰巳。再び巡ってくる「五黄の寅」の22年に、独自路線で勝負に出る。

 ◆松崎 祐介(まつざき・ゆうすけ)1986年10月20日、埼玉県生まれ。35歳。血液型O。イメージカラーはパープル。

 ▼漢字検定3級 19年にLINEスタンプ発売をかけて挑戦すると発表したが、不合格。翌年メンバー全員でリベンジ合格した。

 ◆辰巳 雄大(たつみ・ゆうだい)1986年11月25日、埼玉県生まれ。35歳。血液型B。イエロー。

 ▼落語 ファンだった三遊亭歌武蔵に稽古を受け、「四遊亭歌雄(ふぉ~ゆ~てい・かゆう)」としてジャニーズ史上初めてステージで落語を披露。

 ◆福田 悠太(ふくだ・ゆうた)1986年11月15日、東京都生まれ。35歳。血液型B。グリーン。

 ▼M―1グランプリ 19年に辰巳雄大と漫才コンビ「つ~ゆ~」を結成し、ジャニーズとして初出場するも3回戦敗退。

 ◆越岡 裕貴(こしおか・ゆうき)1986年10月5日、大阪府生まれ。35歳。血液型A。レッド。

 ▼舞台単独主演 今年「This is 大奥」でメンバー最後の舞台単独初主演を飾る。当初は20年4月予定が、コロナ禍で1年延期され上演された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請