田中刑事は合計229・75点の9位 全日本選手権へ「やりきったと思えるくらい練習したい」

スポーツ報知
田中刑事

◆フィギュアスケート▽GPシリーズ第6戦ロシア杯 最終日(27日、ソチ)

 男子フリーでショートプログラム(SP)10位の田中刑事(国際学園)は、3回転ルッツ―3回転トウループの着氷で乱れ、後半のアクセルジャンプが1回転になるミスが出て、153・06点。合計229・75点で9位だった。

 SPで10位と出遅れた中でのフリーの演技に「(SPで)しっかりできなかった部分をやろうと思って滑った。前回(スケートカナダ)は出せなかったことも意識してできた」と納得の様子。2018年平昌五輪代表は、来月の全日本選手権(埼玉)に向け、「まだまだたくさんの課題がある。もうやりきったと思えるくらい練習して迎えたい」と誓った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請