B3静岡 加納誠也「静岡一丸で守る」

スポーツ報知
練習で得意の3Pシュートを放つ加納

 B3で4位のベルテックス静岡は27日、首位・長崎と対戦(午後3時5分、富士川体育館)する。Bリーグ今季新規参入で、12戦無敗を誇る相手との一戦。守備の要としてチームを引っ張る加納誠也(32)は「静岡一丸で守る」と誓った。

 大一番だ。長崎はリーグ12戦を全て10点差以上で勝利し、10月の天皇杯ではB1渋谷を撃破。難敵との一戦を前に、加納は「少しの隙を見せたらやられる」と警戒心を見せつつ「コーチも『100%を出し切れば勝てる』と言ってくれた。勝てないとは思っていない」と、失点数3位の堅守を武器に10勝2敗と好スタートを切った手応えを口にした。

 ベルテの“盾”が相手の“矛”を封じる。長崎の得点源はB1川崎でもプレーし、13日の岡山戦で44得点を挙げたマット・ボンズ(26)。ファクンド・ミュラーHC(48)から“外国籍選手封じ”を任される加納がマッチアップすることが予想され「当たり前のことをしっかりこなす。『静岡一丸』で守ります」と意気込んだ。

 もう一度見たい光景がある。福岡時代に16~18年にB3からB1まで2年連続の昇格に貢献した背番号41は「街全体が一つになっていた。泥臭く頑張る姿で、静岡を一つにしたいんです」。今季のチームスローガンは「OVERCOME―壁があるから面白い―」。B2昇格へ“黒船”の壁を乗り越える。(内田 拓希)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請