【楽天】岸孝之 来季の通算150勝到達を誓う

スポーツ報知
契約更改交渉後にオンラインで取材に応じる岸

 楽天・岸孝之投手(36)が26日、来季の通算150勝到達を誓った。仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2年契約2年目へ現状維持の2億5000万円でサイン。ここまで141個の白星を積み重ねてきたベテランは「自分の数字で言うと150勝をまず目指して頑張りたいなというところはあるので、そのためにもしっかりとローテーションに入れるようにしないといけない」と節目の記録に視線を向けた。

 15年目の今季は3月30日のロッテ戦(ZOZO)で完封発進。25試合で9勝10敗、防御率3・44をマーク。「開幕序盤はよくて、途中なかなか勝てず、そこから持ちこたえた。10勝はできませんでしたけど、どこもけがすることなく1年間やり通せた」。3年ぶりの2ケタ勝利はお預けとなったが、直近2年間は故障などで計10勝とフル回転できなかっただけに、安堵(あんど)感と充実感が表情に出た。

 5勝をマークし、来季の開幕ローテ候補に挙がる西口や、22ホールドと台頭した安楽ら若手の成長に刺激を受けつつ、対抗心を燃やした。「僕、(12月で)37歳になりますけど、やっぱり若い選手に負けないようにというところもある。しっかりと引っ張っていけたらなという思いはやっぱりありますし、いい投手がたくさんいるんですけど、負けないように」と背番号11。円熟味を帯びた投球術を駆使し“ノルマ”を達成する。(長井 毅)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請