【日本ハム】吉田輝星 ビッグボス指令で襟足サッパリ

スポーツ報知
契約更改を終えリモート取材を受ける日本ハムの吉田

 日本ハムの吉田輝星投手(20)が26日、札幌市内で契約更改交渉に臨んだ。60万円減俸の970万円(推定)でサイン。3年目で初のダウンとなった。今季は開幕6戦目4月2日ロッテ戦(札幌D)に抜てき。2回7失点(自責2)で黒星を喫し、その後1軍登板はなかった。19年以来の2勝目は遠く「今年があって良かったと、いつかエースになって言えるようにしたい」と奮起を誓った。

 ビッグボスの一声で髪形も心機一転だ。鎌ケ谷での秋季練習中、新庄剛志監督(49)からお呼びがかかった。「ちょっと襟足見せて」。今季は長めにしていた首後ろの髪をまじまじとチェックされた。「切った方がいいんじゃない? もうちょい似合う髪型にしたらもっと人気出るよ」とヘアスタイルの変更を勧められた。

 散髪の機会と重なったこともあり、指令を即日実行した。帽子からはみ出ていた襟足は9ミリに刈り上げ。好青年度が増した右腕は「乾かすのはすごい楽」とはにかんだ。熱戦続く日本シリーズでは同郷・秋田のヤクルト・石川、石山らが奮闘。オリックス・山本の投球にも刺激を受けており「いつか日本シリーズでしっかりいいピッチングができたら」とエースへの飛躍を目指す。(秦 雄太郎)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請