かすみう、メダルかけて前回V中国ペアと激突「失うものは何もない。全力でぶつかっていきたい」…世界卓球

スポーツ報知
(左から)石川佳純、平野美宇組(国際卓球連盟提供)

◆卓球 世界選手権個人戦第4日(26日・米ヒューストン)

 女子ダブルス3回戦で石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)組が、3―0でスターシニー、オラワン(タイ)組を下した。

 かすみうペアは第1ゲームを11―4で先取。追う展開となった第2ゲームも9―9の同点とし、石川がネットインのボールを冷静に見極めて返す好プレーで得点。10―9から石川がバックハンドで決めてゲームを奪うと、第3ゲームも11―8。石川は「勝負所の第2ゲームと第3ゲームにいいプレーができて、そこで勝ち切れて良かったです」と笑みを見せた。

 これで初戦から2試合連続のストレート勝ち。3位決定戦がないため、メダルを懸けた準々決勝は前回大会金メダルの孫穎莎、王曼ユ(中国)組と激突する。平野は「とても強いペアなのでまずは向かっていきたいし、そして勝てるように頑張っていきたい」と気合を込め、石川は「失うものは何もないので、全力でぶつかっていきたいと思います」と闘志を高ぶらせた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請