尾野真千子、山路ふみ子女優賞を受賞「恋愛ものもまだまだやりたい」

スポーツ報知
花束を手に喜びを語る尾野真千子

 女優の尾野真千子が26日、都内で「第44回山路ふみ子映画賞贈呈式」に出席し、山路ふみ子女優賞を受賞した。

 主演映画「茜色に焼かれる」(石井裕也監督)と「明日の食卓」(瀬々敬久監督)での受賞。「茜色―」では、苦境に立たされながらも奮闘するシングルマザーを、「明日の―」では壊れていく家庭を必死に守る主婦役を演じた。

 グリーンの着物姿で登壇した尾野は、花束を手に「このたびはこのような賞をいただき本当にうれしく思います」と笑顔。コロナ禍での女優活動について「たくさんの人にたくさん助けてもらいました。これまで撮らせて、演じさせていただくことが当たり前だと思っていた。このような時代になり、それがこんなにありがたいことだと身にしみています」と語った。

 今後挑戦したい役柄については、「ぜひ恋愛ものもやりたいとまだまだ思っておりますし、もしかしたら男性の役もやれるのかな…。まだまだ未知です。これから探っていきたい」と意気込み、「皆さまに映画を愛していただけるよう頑張ります。これからも映画を愛してあげてください」と呼びかけていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請