フジテレビ社長、50代以上社員の早期退職制度は「未来を見据えて」希望者のみ募集

スポーツ報知
フジテレビ本社

 フジテレビの金光修社長の定例会見が26日、東京・台場の同局で行われ、同局の経営計画の人事政策の一環として50歳以上で勤続10年以上の社員を対象に、希望退職者を募る「ネクストキャリア支援希望退職制度」を実施することについてコメントした。

 同社によると、退職日は来年3月末で、通常の退職金に加え、特別優遇加算金を支給するほか、希望者には再就職支援も行う。金光社長は「目的としては人員構成が高齢社員が多く若手社員少ない逆ピラミッド型であることから、未来を見据え50歳以上の社員のネクストキャリアを支援するということ。希望する者にだけ限って応募を受ける制度で、具体的に何人と(上限を)人数を設定しているわけではない」と説明した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請