大阪都島、エース西口が貫禄の完封で決めた8強進出!…第44回高石大会

スポーツ報知
1回戦に続き2回戦でも完封勝利を飾った大阪都島ナイン

◆第44回高石大会◇小学生の部▽2回戦 大阪都島ボーイズ5-0ナガセボーイズ(23日・高砂公園野球場)

 「第44回高石大会」は23日、2回戦が行われ、大阪都島ボーイズが1回戦に続き完封勝利を飾り8強入りを決めた。

 最終回のマウンドには、大阪都島の頼れるエースがいた。先発・西口は初回から無安打無失点と好投。6回、先頭打者に初安打を許し、なおも2死一、三塁の危機を迎えたが、「もう回がないので、思い切って投げるだけだった。みんなが守ってくれる」と最後の打者を遊飛に打ち取った。

 打撃陣も序盤から躍動した。まずは2回。2死二、三塁から市村が「絶対に点を取ろうと思った。打った瞬間、気持ち良かった」と中前へ先制の適時打。さらに相手ミスで1点を加えた。3回は1死二塁から古賀。「来た球を打っただけだが、久しぶりにいい当たりが打てた」と左中間へ適時打を放った。

 勢いに乗った打線は、簡単には止まらない。4回には1死二、三塁から市村の三ゴロの間に三塁走者・岡田が「うまく走れた」と判断良く本塁を陥れた。1番・青山は二盗、三盗を立て続けに決めたあと、相手バッテリーミスで生還するなど、ダメ押しの2点を奪った。

 投打に加え、“足技”も光り、1回戦に続き完封勝利。理想的な試合運びを見せたナインの笑顔を、夕日がまぶしいほど照らしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請