【岩田康誠の熱血!!競馬道】瞬発力あるビーアストニッシド楽しみ 

スポーツ報知
未勝利戦で後続を引き離し1着でゴールするビーアストニッシド(ゼッケン8番、阪神競馬場)

 マイルCSのケイデンスコールは10着でした。末脚にかける競馬で展開は向きませんでしたが、坂を上がってからの伸び脚はグッとくるもの。まだ状態に良化の余地はありますし、もっと短い距離でうまくハマれば、という感触をつかみました。

 今週はジャパンC。今年は騎乗予定だったワールドプレミアの引退で参戦できませんが、3冠馬のコントレイルがラストランとなります。自分は12年にジェンティルドンナの牝馬3冠に携わりましたが、偉業のかかった秋華賞での「落とせない」というプレッシャーは本当にすごかった。やはり、3冠は重いものです。最後は3冠馬らしい、強い競馬でターフを去ってほしいと思っています。

 そのジャパンCの前のレース、ウェルカムSに出走するノースブリッジは楽しみにしている期待馬です。前走は収穫のある内容でしたし、ここは連勝で軌道に乗せたい。前日の京都2歳Sはビーアストニッシドに騎乗します。2歳のこの時期で距離など未知な面が大きいのですが、いい瞬発力を秘めています。うまく折り合いさえつけば、チャンスはあるはずです。(JRA騎手・岩田 康誠)

 

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請