浦和リカルド監督、古巣・徳島のJ1残留を希望「来年もJ1で対戦したい」

スポーツ報知
浦和のリカルド・ロドリゲス監督

 浦和のリカルド・ロドリゲス監督が26日、オンライン取材に応じ、27日のホーム最終戦・清水戦(埼玉)へ意気込みを語った。

 リーグ残り2戦、16位で残留争いをしている相手をホームで迎え撃つ。指揮官は「清水は生き残りをかけた戦いをしてる。人間は極限な状態では最大限の力を発揮する。通常より強度や集中力が高まった状態でくる」と警戒した。

 浦和は4位・名古屋と勝ち点3差の6位。天皇杯で川崎が優勝すれば、4位で来季ACLの出場切符を手にする可能性も出てくる。同監督は「清水には生き残る目標があるが、浦和も目標を持って戦っている。まだチャンスが残ってるとポジティブにとらえてる。しっかりと勝利し、最終節の名古屋戦は4位の可能性を残しながら迎えたい。ACL出場権獲得を達成したい」と力を込めた。

 また、自身が昨季まで4季指揮した17位・徳島が27日の湘南戦に勝利し、浦和が清水に勝った場合、古巣のJ1残留の可能性がつながることになる。ロドリゲス監督は「まずはレッズの勝利を考えて戦うが、間接的に徳島の力になることができればうれしいこと。来年もJ1で対戦したい」と期待を寄せた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請