稲見萌寧 72で2オーバー「今日もショットがうまくいかず、チャンスにつかなかった」

スポーツ報知
大勢のギャラリーを引き連れ1番から2番へ移動する稲見萌寧

◆報知新聞社後援 ▽女子プロゴルフツアー メジャー最終戦 JLPGAツアー選手権リコー杯 第2日(26日、宮崎・宮崎CC=6543ヤード、パー72)

 25位から出た、賞金ランク1位の稲見萌寧(都築電気)は2バーディー、2ボギーの72とスコアを伸ばせず、2オーバーのまま暫定23位でホールアウトした。

 2番で4メートルを決めてバーディー先行も、5番パー3で第1打をグリーン右手前に外しボギー。14番は第1打を右に曲げてボギーとしたが、17番で第2打を1メートルにつけるバーディーでスコアを戻した。

 稲見は「今日もショットがうまくいかなくて、チャンスにつかなかった。(飛距離も)飛んでなかった。曲がるから振れなくなっている。(賞金女王へ順位の意識は)調子があまりよくないので、そのことよりも自分のショットを何とか立て直せるか。なるべくチャンスにつくようにしたい。(ドライバーとアイアン)両方よくないけど、まずはアイアンショットを直したい。(残り2日に向けて)日に日に、なるべくよくなるように修正したい」と話した。

 約1697万円差の賞金ランク2位で追う古江彩佳(富士通)は10番までプレー。スコアを2つ落としているが、6アンダーで2位に1打差をつけて単独首位に立っている。

 ◆賞金女王決定の条件 今大会の優勝賞金は3000万円。稲見は2人の2位タイ(1500万円)以上なら、古江が優勝しても抜かれない。古江は優勝し、稲見が3人以上の2位タイ(3人の場合1280万円)、もしくは単独3位(1200万円)以下で逆転する。また、古江が単独2位(1800万円)で、稲見が単独14位(96万円)以下で入れ替わる。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請