【ソフトバンク】笹川吉康、ギータへ弟子入りも視野「柳田さんにお願いするか考え中」

スポーツ報知

 ソフトバンクの笹川吉康外野手が26日、福岡・ペイペイD内の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の600万円(推定)でサイン。現在、ろっ骨の疲労骨折でリハビリ中のスラッガー候補。「リハビリは12月に終わる予定。けがの具合で変わりますが、一人でやるか、柳田さんにお願いするか考え中です」と来年1月の自主トレでギータに弟子入りする可能性も明かした。

 193センチ、85キロの恵まれた体格から繰り出すフルスイングが魅力で、高校通算40本塁打をマーク。柳田が1年目から4年間つけた背番号44を継承した。だが、1月の新人合同自主トレ中に左足親指などの骨折でリハビリ組へ。10月末にはろっ骨を疲労骨折と1年目はけがに泣いた。「今年はけがに始まって、けがで終わってしまった。まずは2軍に定着できるようにしたい」と来季の目標を明かした“ギータ2世”。本家への弟子入りがかなえば、飛躍の1年につながりそうだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請