マイルチャンピオンシップの馬トクふりかえり…馬トク指数がダントツであれば馬券の軸に最適!過去戦歴の黄色い着順にも注目!

スポーツ報知

 第38回マイルCSは11月21日、阪神競馬場で行われ、断然人気のグランアレグリアがゴール前で差し切ってG1・6勝目を挙げ、牝馬初、史上6頭目の連覇で有終の美を飾りました。

 グランアレグリアは馬トク指数、激走指数とも1位。馬トク指数は「81」とダントツの数字で、指数2位と18ポイントの差がありました。馬トク指数が「80」を超えていて2位以下と15ポイント以上差がある場合は、連対率が高く、馬券の軸として最適です。ジャパンCでも馬トク指数に注目してください。

馬トク指数とは

馬トク指数は、各馬の走破時計、出遅れ、不利、位置取り、レース内容などの要素で算出した能力指数をベースに、騎手や状態(調教や外厩情報)など、今回の競走に影響するファクターを加味した競走レベル指数。印は9種類。序列は◎○▲★△1△2△3△4☆の順。出力された印の数が多ければレースの波乱度が高いことを示す。

 馬トクは指数だけでなく出馬表にも注目です。有料コースの方だけに表示されているのが、過去戦歴の着順についている黄色のマークです。この黄色のマークは、着順的には馬券になっていないが、馬券圏内に来られるぐらいの内容だったことを表しています。つまり、次走で巻き返しが可能な馬を表しています。

 マイルチャンピオンシップ3着馬ダノンザキッドは前走の富士ステークスが黄色い着順でした。馬トクの出馬表には客観的なデータが盛りだくさん。馬券的中のヒントを見逃さないためにも、馬トクの出馬表を使って予想しましょう。

馬トクの黄色い着順とは

 着順的には馬券になっていが、馬券圏内に来られるぐらいの内容だったことを示しており、次走で巻き返しが可能な馬を表している。

 勘や主観的なものに頼らず、客観的なデータを元に競馬を予想すると、的中率、回収率が大幅に改善します。ジャパンカップも馬トクの客観的なデータで攻略しましょう。黄色い着順データや外厩ズームは馬トク激走コースで、ご覧頂けます。ご購入は下記リンクからから。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請