厳しく楽しいフルコン空手「水滸會 丈夫塾」・・・北海道で活動する教室など紹介

スポーツ報知
気合の入った表情で写真におさまる塾生たち

 北海道で生き生きと活動するあらゆる分野のサークル、チーム、教室などを随時紹介。笑顔を絶やさず仲間との時間を大切に、絆(きずな)を深めていく姿を届けていく。今回は空手の「水滸會 丈夫(すいこかい・ますらお)塾」。

***

 元気な声が道場に響き渡る。突き、蹴り。激しい攻防を繰り広げる子供たち。ちょっとでも油断すれば負けてしまう。フルコンタクト空手と聞くと安全面が気になるが、丈夫塾では万全の態勢を整えている。小学6年生の大渕航聖君は空手歴7年。将来が期待される逸材だ。「厳しさの中にも楽しさがここにはあります。先生方の教え方も丁寧だし、とてもいい環境で稽古ができます」と答えた。

 1999年に宮地政樹さんが開塾した。「文武両道を基本にしています。空手を通して辛抱する力をつけ、社会で生きる力をつけてもらたいですね。野球やサッカーのように生涯スポーツとして認知してもらえるように」と空手の指導者でありながら教育者のようにも思えた。5月、9月に行われたフルコンタクトの全国大会で大学生2人が優勝するなど、道場は熱気に包まれている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請