【ジャパンC】シャフリヤールはCWコースで万全アピール 藤原英昭調教師「重要なのは天気」

スポーツ報知
シャフリヤール

 ジャパンC・G1(11月28日、東京・芝2400メートル)に出走する今年の日本ダービー馬、シャフリヤール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)は26日、栗東トレセンのCWコースでキャンター調整。抑えの利いた小気味のいい走りで仕上がりの良さをアピールし、翌日の長距離輸送に備えた。

 藤原英調教師は「状態はいい。馬体重も想定通り。枠もいいところが当たったからな」と納得の表情。秋初戦の神戸新聞杯は不良馬場が影響して4着に敗れただけに「重要なのは天気」と良馬場を希望した。

 昨年の3冠馬コントレイルなど、4世代のダービー馬がそろう決戦。指揮官は「完成前の苦しい時期を乗り越えて、ダービーを勝ってくれた。条件はいいから、万全の状態で走らせたい」と言葉に力を込めた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請