なでしこセンターバック南萌華、アイスランドに敗戦も「もっといいチームになる」

スポーツ報知
南萌華

◆国際親善試合 日本0―2アイスランド(25日、オランダ・アルメレ)

 FIFAランク13位の女子日本代表「なでしこジャパン」は25日(日本時間26日)、同16位のアイスランドと対戦。池田太新監督の初陣となったが、0―2で敗れた。

 開始から勢いを持って臨んだが、ゴール前での迫力やアイデアには欠けた。前半14分、最も警戒していた相手FWのS・ヨンスドッティルに左サイドを突破されて失点。後半25分にはロングボールに抜け出したS・ヨンスドッティルがクロスを送り、FWソルバルズドッティルの追加点を許した。10月の新体制発足後、「奪う」をテーマに落とし込みを図ってきた通りアグレッシブな姿勢は見られたが、最後まで反撃のゴールは奪えなかった。

 東京五輪代表でもピッチに立ったDF南萌華はセンターバックで出場。速攻から2点を浴びての完敗と、厳しい新体制初陣となった。「前半は自分たちのミスから失点して、後半も失点してしまったことはDFとして反省。エラーが必ず起こるのは想定していた中での試合だったけど失点はしたくなかった。負けてしまったことはすごく残念」と振り返った。ただ、試合中の中で声をかけながら少しずつ立て直しをはかれたことは実感。「初めてのゲームでたくさん課題が出たので、これを修正していけばもっといいチームになる。私もセンターバックなのでもっと後ろから声をかけてチームのDF力を高められたら」と責任感を示した。

 29日(日本時間30日)にはオランダと戦う。来年1月には23年W杯予選兼アジア杯(インド)を控えており、貴重な対外試合。課題を見つけることはもちろんだが、勝利からもたらされる自信を得ることも必要だ。「運動量と連係のところで、もっと崩していかないとというところは見えたので、オランダ戦に向けて攻撃でももっと修正できたら。チーム全体でもう1回話し合って、オランダ戦はよりいい試合をしないといけない。勝ちにこだわってたくさん話し合って、いいゲームをしたい」と力を込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請