みまひな「私たちらしいプレーの連続」快勝で3回戦へ…世界卓球

スポーツ報知
伊藤美誠

◆卓球 世界選手権個人戦第3日(25日・米ヒューストン)

 女子ダブルス1回戦で前回銀メダルの伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組が3―0で陳思羽、李☆諄(台湾)組を下した。

 第1ゲームを苦しみながらも早田の強烈なフォアドライブなどで11―9と押し切ると、波に乗った。第2ゲームは11―7、第3ゲームは11―1。サーブや連係プレーで次々と得点を重ね、ストレートで締めた。

 伊藤は「1ゲーム目、相手の選手がすごく(勢いよく)入ってきて、準備はしていたけど、思った以上にいいボールが何本も返ってきた。そこで取れたことは大きくて、2ゲーム目から少しリラックスした状態で試合に入れた」と振り返った。早田も「自分たちの持っている力を昨日よりさらに出すことができた。試合をしていくうちに徐々に調子が上がって、最後は私たちらしいプレーの連続だった」とうなずいた。

 試合中は練習の時のように「おー、今ボールが跳ねたね」などと笑顔で声を掛け合いながら、次のプレーに生かしているという。早田は「明日も今日のようないい連係プレーができたらいいなと思います」と次戦を見据えた。3回戦はウィンター、ミッテルハム(ドイツ)組と対戦する。

☆は日の下に立

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請