世界ランク1位・石川佳純、平野美宇ペアが初戦をストレート勝ち…世界卓球

スポーツ報知
石川佳純

◆卓球 世界選手権個人戦第3日(25日・米ヒューストン)

 女子ダブルス2回戦で石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)組が初戦を飾った。ポルカノバ(オーストリア)、スッチ(ルーマニア)の国際ペアに3―0で勝利した。

 ダブルスの世界ランク1位の“かすみう”は東京五輪の団体戦でもコンビを組み、銀メダルに大きく貢献した。五輪以来の実戦で第1ゲームは競り合いの末、平野がサーブからの5球目をバックハンドで決めて14―12。第2ゲーム以降は石川のサーブから平野が仕留める形で流れに乗り、欧州トップ選手同士のペアにストレートで快勝した。

 石川は試合後「初戦から強い選手だったので1ゲーム目、競り合いで取ることができてすごく良かったです。途中からボールのタイミングを合わせていけたことと、平野さんがサーブレシーブで強気のボールを打ってくれたので気持ち的に楽になりました」と振り返った。平野は3回戦へ「明日からもしっかり一戦ずつ勝っていけるように、今日よりもいいプレーをしたいなと思います」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請