【日本S】オリックス・太田椋「感触良かった」ポストシーズン初スタメンで値千金適時三塁打

スポーツ報知
7回1死二塁、右中間に勝ち越し三塁打を放ち、ガッツポーズする太田(カメラ・義村 治子)

◆SMBC日本シリーズ2021 第5戦 ヤクルト5―6オリックス(25日・東京ドーム)

 「SMBC 日本シリーズ2021」第5戦が東京Dで行われ、オリックスがヤクルトとの熱戦を制して2勝3敗とした。8回に山田の3ランで追いつかれたが、9回に代打・ジョーンズが決勝ソロを放った。第6、7戦は、オリックスが1996年に日本一を決めた“聖地”ほっと神戸が舞台。エース・山本が先発する第6戦で逆王手に挑む。

 抜てきに応えた。高卒3年目・太田がベース上で笑みをこぼし、力強く拳を突き上げた。2―2の7回1死二塁。3番手・石山の137キロスライダーを捉え、右中間を真っ二つに破った。「走者をかえすこと、後ろにつなぐことを考えて打席に入りました。打った感触も良かったですし、打球が抜けてくれてうれしかった」。値千金の適時三塁打で劣勢ムードを吹き飛ばした。

 ポストシーズン8試合目で初スタメン。5回にもバットを折りながら左前に運んだ。潰瘍性大腸炎の持病がある安達は、10月に3度の3日連続出場はあったものの、シーズン中から休養日を設けながらの起用。その代役がマルチ安打で存在感を十二分に示した。

 中嶋監督も「チームに勢いをつけてくれた。勇気を与えてくれた気がします」と称賛。入団当初から故障に泣いてきた18年ドラフト1位の有望株が大舞台で名前を売った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請