河瀬直美監督、日本女性初のユネスコ親善大使就任「人類の根源的に豊かな営みを1000年先にも繋いでゆきたい」

スポーツ報知
ユネスコ親善大使に就任した河瀬直美監督

 映画監督の河瀬直美氏が25日、仏パリの国連教育科学文化機関(UNESCO ユネスコ)本部でオードレ・アズレ事務局長(フランス出身)から委嘱書を授与され、日本人女性初のユネスコ親善大使に就任した。

 河瀬氏は「あらゆる年代の女性に焦点を当てた映画や映像制作を通じ、文化・クリエイティブ産業におけるジェンダー平等推進に貢献した」として任命された。

 これを受け「ユネスコ親善大使に任命されましたことを大変誇りに思います。多様な価値観に光を当て、たしかな命のきらめきに気づかなければならない。人類の根源的に豊かな営みを1000年先にも、またそのずっと先にも繋いでゆきたい。映画や映像制作を通じて、物語の中に、人類の豊かな未来を創造すべく、親善大使としての任を全うしたいと思います」とコメントした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請