【日本S】代打決勝弾のA・ジョーンズ「サイコウ!」お立ち台でシャウト

スポーツ報知
決勝弾を放ち、笑顔でガッツポーズするアダム・ジョーンズ

◆「SMBC 日本シリーズ2021」第5戦 ヤクルト5―6オリックス(25日・東京D)

 オリックスは、同点の9回先頭の代打アダム・ジョーンズ外野手の決勝ソロでシーソーゲームを制した。今季は代打打率4割2分9厘を誇る助っ人は、お立ち台で「サイコウ!」とシャウトした。試合後の一問一答は以下。

―最高のホームラン

「なかなか厳しい展開になった中であのホームランはすごくいいホームランだったと思います」

―打席に入った時、決めてやろうと?

「ホームランを打とうという意識は全くなかったんですけど、いいボールが来たらしっかり捉えるというところで。この3試合ほどはボール球に手を出して凡退するのが続いていた。いいボールが来たらしっかり打つということを心がけた中であの結果になった」

―負ければ今季が終わる

「当然絶対に終わらせないという気持ちはありましたし、自分のようなベテランの選手はこれが最後になるかもしれないという状況。とにかく勝ってもう一試合というところは考えていました」

―ファンが待ち望んだ神戸での試合になる

「とにかく6戦目はすごく大事になってくる。神戸に戻ってファンの人の前で山本投手。リーグで一番の投手が投げる中で、我々オフェンスの方もしっかりと今の形を続けて行って山本投手とともに試合を勝って行けたらと思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請