内山理名 結婚後初の公の場に登場 父親役・内藤剛志は「吉田栄作が憎たらしい!」

スポーツ報知
花束を手に笑みを浮かべる内山理名(カメラ・石田 順平)

 女優の内山理名(40)が25日、都内で行われたBS―TBSのドラマ「ホテルマン東堂克生の事件ファイル~八ヶ岳リゾート殺人事件~」(来年1月22日、後7時)の取材会に出席した。21日に俳優・吉田栄作(52)と結婚してから初めての公の場。共演の内藤剛志(66)が「吉田栄作が憎たらしい!」と声を張り上げると、照れ笑いを浮かべた。

 同作は石ノ森章太郎の漫画「HOTEL」のスピンオフドラマ。八ケ岳のリゾートホテルで起こった殺人事件を、支配人・東堂(内藤)と東堂の娘で刑事・高梨(内山)が解決へと導く。撮影は今夏に行われ、内山がブーケトスを受け取るシーンも。人生初めてブーケを受け取ったという内山は現実で結婚し「私が一番驚いています」と笑った。

 内山と内藤は共演歴はあるが、親子役を演じるのは初めて。内藤は「吉田栄作が憎たらしい。すげえいい男だし、友人だけど…」と複雑な表情。続けて「違う刑事ドラマで27年ぶりくらいにある俳優と再会。確か吉田栄作という人で、『大切にしている人がいます』と言っていた。そこで理名に聞いたら『いい感じです』と。すごく不思議な2021年でしたね」とニヤリ。自身を2人の「キューピッド」といい、豪快に笑い飛ばした。

 “父親”の愛情を一身に受けた内山は幸せいっぱいの表情。内藤から「うれしいことは2倍になる。嫌なことは相手がいると2分の1になる」という結婚生活の助言を受け、「来年の抱負はそれを体験する。40年間体験せずに生きてきたので」と背筋を伸ばした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請