東大大学院・古川大晃「一度あきらめた夢がかなうかも」箱根駅伝8年目の挑戦で関東学生連合メンバー入り

箱根駅伝出場を見据える東大大学院の古川(右)
箱根駅伝出場を見据える東大大学院の古川(右)

 第98回箱根駅伝(来年1月2、3日)にオープン参加する関東学生連合チームに、東大大学院博士課程1年生の古川大晃がメンバー入りした。熊本大、九州大大学院を経て今春、東大大学院に進んだ文武両道の26歳。熊本・八代高卒業後、1浪を含めて“8年目”で出場の夢に近づいた。古川は「今、ほんわかした気持ちです」と話しながらも、「箱根への道」の熱い思いを明かした。

 学び続けて、走り続けて、古川は26歳にして「箱根への道」の入り口にたどり着いた。

 「箱根駅伝に出場することは高校生の頃からの夢でした。一度は諦めましたが、今、昔の夢がかなうかもしれない。不思議な感じです。ほんわかした気持ちです」

 箱根駅伝予選会(10月23日)の個人ハーフマラソンは1時間4分10秒で全体88位と力走。関東学生連合チームに選出された東大大学院生は柔和な表情だった。

 熊本・八代高時代、3000メートル障害で県大会3位入賞。5000メートルの自己ベストは15分5秒だった。専大、拓大、大東大、日本薬科大から勧誘を受けたという。「箱根駅伝を走りたいという希望はありました。家族や高校の先生と話し合い、真剣に進路を考えました。最終的には国立大で勉強したいということと、経済的事情で関東の大学に行かないという決断をしました」。現役では広島大を受験したが、不合格。高校卒業後、浪人生活に入った。

 「浪人時代は一日中、勉強をしていました。走るのは1日10分だけ。10分間、全力で走りました。距離にして3キロちょっとですね」と苦節の1年を振り返る。1浪を経て、地元の熊本大教育学部生涯スポーツ福祉課程に進んだ。

 大学4年間で学問への興味が増し、卒業後、九州大大学院人間環境学府に進学した。同時に競技力も年々、向上。大学院1年時の19年、全日本大学駅伝に日本学連選抜の一員として出場。エース区間の7区(17・6キロ)で区間14位と健闘。そして今春、九州大の大学院を卒業し、東大大学院の総合文化研究科広域科学専攻博士課程に進んだ。

 「進学を決めた理由は勉強したい分野が東大大学院にあったこと、箱根駅伝に出場したかったこと、ちょうど半々ですね」。難関の入試については「筆記試験ではなく、面接でプレゼン(説明)力が問われます。僕、それほど頭がいいわけではありません」と古川は謙遜した。

 東京・豊島区西巣鴨の東大学生寮で暮らし、普段は午前8時から午後10時まで目黒区の駒場キャンパス内の研究室で学ぶ。その間、午後5~7時は同キャンパス内の競技場で練習。充実の日々を送る。

 行動力も持ち味だ。熊本大4年時には、東大時代の2019年箱根駅伝に出場した近藤秀一(26)=現GMOインターネットグループ=にSNSを通じて連絡を取り、東大で合同練習を行った。「近藤君とは同い年で同じ1浪という共通点もあり、それ以来、今でも仲良くさせてもらっています。自分の考えを分かりやすく言語化する力が優れているので、話していてとても勉強になります。近藤君は僕と違って本当に頭がいいです。大学4年の時、初めて会った時、一緒に練習した後、ギョーザ店に行きました。いい思い出です」と、うれしそうに語る。

 今夏には、共通の知人を介して青学大・原晋監督(54)に夏合宿の特別参加を直訴。新潟・妙高高原で約1週間、青学大の選手たちと汗を流した。「箱根駅伝を走るトップランナーの力を実感しました。選手たちはきつい合宿なのに楽しそうだったことは新鮮でした。とても勉強になりました」と感謝する。

 原監督も古川を高く評価する。「貪欲に学ぼうという姿勢に研究者としての資質を感じた。意欲的な古川君と一緒に練習できたことは青学大の学生にとっても大変に有意義でした」

 箱根駅伝予選会では大学と大学院は別のチームの扱い。11年の箱根駅伝で東大大学院の依田崇弘(当時博士課程3年)が当時の関東学連選抜に選出されたが、出走はかなわなかった。今回、古川は出走すれば「東大大学院生」として初の箱根駅伝ランナーとなる。ただ、予選会の個人成績は連合チーム14番手のため、10人の出場メンバーに選ばれるか微妙な状況ではある。

 希望区間の一つは山上りの5区。13日に神奈川・アネスト岩田ターンパイク箱根の特設コースで行われた「激坂最速王決定戦2021@ターンパイク箱根」登りの部(13・5キロ)に出場し、55分5秒で全体13位、学生12位と奮闘。上りの適性をアピールした。

 「最後まで全力を尽くしますが、出走の確率は5%くらいと思っています。出走できなくても連合チームに貢献したいと考えていますし、連合チームの雰囲気を知ることは次回以降につながります」。古川が学ぶ大学院の博士課程は3年制。「今回、走れなくても、まだ2回もチャンスは残っています」と爽やかに笑う。

 浪人1年、熊本大で4年、九州大大学院で2年も学びながら、さらに今、東大大学院博士課程で学ぶ。高校卒業後、すでに8年目。どれだけ、勉強が好きなのか。「高校の頃はそれほど勉強は好きではありませんでしたが、学べば学ぶほど好きになりました」。将来の目標は「大学教授」。一生、学び続けるつもりだ。

 学びと走り。文武両道ランナー・古川の追究は続く。(竹内 達朗)

 ◆古川 大晃(ふるかわ・ひろあき)1995年10月9日、熊本・八代市生まれ。26歳。八代六中時代はバスケットボール部所属。八代高入学と同時に本格的に陸上を始める。1浪を経て熊本大教育学部に進学。九州大大学院人間環境学府から今年4月、東大大学院の総合文化研究科広域科学専攻の博士課程へ。自己ベストは5000メートル14分4秒08、1万メートル29分8秒79、ハーフマラソン1時間4分10秒、マラソン2時間19分15秒。176センチ、60キロ。

 ◆箱根駅伝の年齢制限 現在、また戦前は制限なし。1939年大会に33歳131日で5区区間賞に輝いた村社講平(中大)が最高齢出場とされる。昨春、中学校教員を休職し、駿河台大に編入した今井隆生(4年)は今大会の往路を31歳124日、復路を31歳125日で迎える。92年までは27歳以下という年齢制限があり、87年大会に28歳だった駒大4年の大八木弘明(現監督)は出場できなかった。

 ◆関東学生連合チーム 2003~13年に編成された「関東学連選抜」(04年は「日本学連選抜」)を改め15年から「関東学生連合」として再結成。予選会で敗退した大学の中から個人成績を参考に編成。各校1人で外国人留学生を除く。過去の本戦出場がない選手に限られるため全員が初出場となる。チーム、個人とも順位がつかないオープン参加。07~13年はチーム、個人の成績が認められており、最高成績は08年の4位。前回大会は出場21チーム中、往路20位相当、復路11位相当、総合20位相当。タスキの色は白。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請