照ノ富士、先場所敗れた同期生・明生ぶん投げる 無傷12連勝「ちゃんと受けて取っていこうと」

スポーツ報知
明生(左)を掛け投げで下した照ノ富士

◆大相撲九州場所12日目(25日、福岡国際センター)

 横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)は、関脇・明生(立浪)をかけ投げで下して無傷の12連勝。優勝争いの単独トップも守った。

 立ち合いから相手得意の左四つ。寄られて圧力を受けたが、重い足腰でこらえた。「落ち着いて取ろうと思っていました。余裕をもってやろうと」。最後は左の下手で、先場所敗れた相手をぶん投げた。

 明生は同期生。「(大相撲に)入ってからずっと一緒に稽古して、部屋の合宿とかにも来て仲良くやっている。そういう相手を、ちゃんと受けて取っていこうと思った」と振り返った。1日1日、今年4度目の賜杯に向け歩みを進めてる。「1日一番、自分の相撲を取りきるだけです」と残り3日間を見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請