貴景勝、気迫十分の11勝目 13日目は平幕・阿炎の挑戦受ける「普通にやるだけ」

スポーツ報知
高安(左)を送り出しで下した貴景勝

◆大相撲九州場所12日目(25日、福岡国際センター)

 大関・貴景勝(常盤山)は、東前頭5枚目・高安(田子ノ浦)を送り出しで下して11勝目。立ち合いから張られて応戦したが、低い押しで元大関を圧倒し「しっかり準備をして、あとは稽古でやってきたことを出せるように。それだけ」と淡々と語った。

 取組直後は、気合いの入った表情を見せた貴景勝。八角理事長(元横綱・北勝海)は「ちょっと熱くなったかな」と心中を察し、「もう少し冷静にいった方がいい。ぶつかり合いの競技だから仕方ないけど、冷静にね。お互いに熱くなった」と振り返った。一人横綱の照ノ富士(伊勢ケ浜)が無敗をキープ。1差で追う大関は「明日の相撲を集中してやらない限り、(V争いは)ありえない話」と13日目を見据える。

 その13日目の相手は、ここまで11勝と再入幕場所で好調な平幕・阿炎(錣山)戦が組まれた。理事長も「いい取組ですね」と期待する一番。勝てば優勝戦線に残る中、これまで過去2勝2敗だ。突き押しの激しい相撲が予想されるが、貴景勝は「明日の相撲にしっかり準備したい。普通にやるだけです」と、表情を変えなかった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請