【神宮大会】 中央学院大が初V 慶大打線の猛攻しのぐ

スポーツ報知
明治神宮大会初優勝を飾り、ナインの手で胴上げされる中央学院大の菅原悦郎監督(カメラ・泉 貫太)

◆第52回明治神宮野球大会最終日 大学の部決勝▽中央学院大9―8慶大(25日・神宮)

 中央学院大(関東5連盟第1)が最大4点差をはね返して慶大(東京六大学)に逆転勝ち。通算3度目の出場で初優勝を果たし、千葉県大学連盟に初めての明治神宮大会制覇をもたらした。

 中央学院大は、4―5で迎えた6回裏に一挙5点を挙げて逆転。7回表から抑えのエース・山崎凪投手(4年=千葉英和)がマウンドに立ち、セーフティーリードにも見えたが、慶大打線の反発力はすさまじかった。

 7回に5番・広瀬隆太二塁手(2年=慶応)のソロアーチなどで2点を返され、8回にも1点を奪われた。1点差で迎えた9回には無死一、二塁の大ピンチ。しかし、そこで山崎が踏ん張り、後続を中飛、投ゴロ、右飛に抑えてリードを守り切った。

 「オープン戦とは比べものにならないほど、食らいついてきた。意地を感じました。(最後の打者は)打った瞬間、打ち取ったと分かったので、本当にうれしかったです」と山崎。佐藤晃一捕手(4年=聖光学院)は「低めの変化球で誘っても、振ってもらえなかった。なので、インコースを意識させ、変化球を生かすようにしました」と苦心の配球を振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請