立大のチーム変革期の走り続けた斎藤俊輔 関東学生連合の主将として箱根駅伝に挑む…HAKONE LIFEロングバージョン

スポーツ報知
力走する立大・斎藤俊輔

 ◆関東学生連合主将・斎藤俊輔(立大4年)

 明大(M)、青学大(A)、立大(R)、中大(C)、法大(H)の5校が集結した「GMOインターネットグループプレゼンツMARCH対抗戦2021」が24日に東京・町田ギオンスタジアムで開催された。1万メートルの上位10人の平均タイムで争うガチンコ勝負。紫に白のRが映えるユニホームの立大・斎藤が存在感を発揮した。各校のエースがしのぎを削った最終組で堂々の5位。28分32秒53は立大新記録だった。

 実は40分前に行われた第4組で関口絢太(2年)が、中山凛斗(2年)が持っていた28分50秒52の立大記録を10秒17更新する28分40秒35をマークしたばかりだった。わずか40分間だけの立大記録保持者になった関口に対し、斎藤は「関口、ごめん!」と冗談めかして笑った後「4年生として卒業前にいい置き土産ができました。来年、多くの選手に破ってほしい」と後輩に心からのエールを送った。

 MARCHの中で唯一、立大はチームとして第98回箱根駅伝(来年1月2、3日)に出場できないが、斎藤は関東学生連合チームの一員として夢の舞台に挑む。しかも、連合チームでは主将の大役を担う。神奈川・平塚市出身の斎藤は「力試しをできる1区か、地元の3区を走りたいですね」と目を輝かせて話す。

 立大は2024年の創立150周年記念事業として「立教箱根駅伝2024」を2018年11月にたちあげ、同年12月に中大、エスビー食品などで活躍した上野裕一郎監督が就任。1968年以来の箱根駅伝復活出場に向けて本格的な強化を始めた。

 斎藤ら現4年が入学したのは、その約半年前の2018年4月。「自分のペースで陸上に取り組もう」という理由で立大に一般入学した斎藤にとってチーム方針の激変は、晴天の霹靂(へきれき)だった。「最初は戸惑いがあった」と斎藤は正直に話す。

 しかし、上野監督の熱意ある指導を受け、アスリート選抜入試で入学した後輩たちと切磋琢磨(せっさたくま)する日々を過ごすうちに箱根駅伝出場は、現実的な目標に変わった。昨年、選手寮が完成し、斎藤は人生で初めて親元を離れて入寮。それまで平塚市の実家から片道約2時間をかけて通学していたが、その時間を体の手入れなどに使うことができるようになり、競技力は着実に上がった。

 上野監督は「僕が就任した当初、斎藤は嫌々、走っていたかもしれないけど、それでも、歯を食いしばって頑張ってきた。まだまだ甘いところがある下級生にとって斎藤の存在は大きい。感謝しています。箱根駅伝は自分のために思い切り走ってほしい」と、しみじみと話す。

 箱根駅伝予選会(10月23日、東京・立川市)で、立大は最初の5キロをトップで通過し、大きなインパクトを与えたが、最終的にチームは16位で敗退。斎藤の同期の4年生は、すでに退寮した。「同期が寮からいなくなり、寂しい気持ちもありますけど、残り少ない寮生活を後輩たちと楽しく過ごしています」と柔和な表情を浮かべた。

 複数の実業団チームから誘いを受けたが、大学卒業を区切りに競技から引退する。来春の就職先は住友電工。同社の実業団チームではなく、一般の就職活動で内定を得た。第98回箱根駅伝は競技人生の集大成となる。

 「立大の箱根駅伝復活に向けて勢いをつけられる走りをします」。立大のチーム変革期のド真ん中を走り続けた斎藤は、迷いなく言い切った。(竹内 達朗)

 ◆斎藤 俊輔(さいとう・しゅんすけ)1999年10月4日、神奈川・平塚市生まれ。22歳。大野中1年から陸上を始める。秦野高では1500メートルで南関東大会7位。2018年に立大観光学部に入学。自己ベストは1500メートル3分46秒16、5000メートル13分51秒64、1万メートル28分32秒53、ハーフマラソン1時間3分。5000メートル、1万メートル、ハーフマラソンの3種目は立大記録。170センチ、60キロ。

 ◆関東学生連合チーム 2003~13年に編成された「関東学連選抜」(04年だけ「日本学連選抜」)を改め、15年から「関東学生連合」として再結成された。予選会で敗退した大学の中からハーフマラソン個人成績を参考に編成される。各校1人で外国人留学生を除く。過去の本戦出場がない選手に限られるため全員が初出場となる。チーム、個人とも順位がつかないオープン参加。07~13年はチーム、個人の成績が認められており、最高成績は08年の4位。前回大会は出場21チーム中、往路20位相当、復路11位相当、総合20位相当。タスキの色は白。前回、中山凛斗(当時1年、現2年)が立大ランナーとして2009年大会で関東学連選抜の9区を担った中村嘉孝(当時4年)以来、12年ぶりに出場し、4区で区間18位相当だった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請