【POG】茶木厩舎のチャキが27日阪神でデビュー 茶木調教師「恥ずかしい競馬にはならない」

スポーツ報知

 厩舎を勢いづけるデビューとなるか。管理する調教師と読みが同じチャキ(セン2歳、栗東・茶木太樹厩舎、父ワールドエース)が、11月27日の阪神6R・2歳新馬(ダート1800メートル)で初陣を迎える。

 馬名の由来は「茶気」(茶道の心得)。茶木調教師は「(自分と同じ)名前をつけてもらってありがたいです。未勝利で終わらせる訳にはいきませんね」と力が入っている。

 気性の激しさがネックだったが、入厩前に去勢したことで改善。茶木師は「とても扱いやすいです」と話す。24日の最終追い切りは坂路で53秒7ー12秒8。併せたアマネセール(5歳1勝クラス)に首差先着した。

 「スタミナがあってダートが合いそうな走り。使えばさらに良くなりそうですが、恥ずかしい競馬にはならないと思っています」とトレーナーは上々の感触を持って送り出す。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請