芝田沙季、世界28位と激闘制す 日本女子は5人全員が3回戦へ…世界卓球

スポーツ報知
芝田沙季(国際卓球連盟提供)

◆卓球 世界選手権個人戦第2日(24日・米ヒューストン)

 女子シングルスで世界ランク43位の芝田沙季(ミキハウス)が3回戦進出を決めた。2回戦で同28位のエーラント(オランダ)と激戦の末、4―3で競り勝った。

 芝田はエーラントとは2016年のスウェーデンOPで対戦し、フルゲームで敗れていた。体格で勝る相手の力強い両ハンドで左右に振られ、ゲームカウント1―2と先行される苦しい展開となったが、第3、4ゲームを奪取。第5ゲームを落とし、最終ゲームも6―3から6―6に追い付かれたが、最後は5連続得点で振り切った。夜遅くまでもつれた熱戦を制し、初出場の世界選手権でシングルス2勝目を挙げた。

 日本女子はシングルスで伊藤美誠、石川佳純、平野美宇、早田ひなに続いて5人全員が2回戦を突破。芝田は3回戦でシングルスは伊藤、宇田幸矢(明大)と組む混合ダブルスでは張本智和、早田ひな組と、いずれも日本勢対決に挑む。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請