【阪神】小野寺暖、230万円増の650万円 今季支配下登録でプロ初本塁打「レギュラーを取りにいきたい」

スポーツ報知
契約更改を終え会見に臨む阪神・小野寺暖(代表撮影)

 阪神・小野寺暖外野手が25日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、230万円増の650万円でサインした(金額は推定)。

 「支配下にもなって、うれしいことも多いシーズンでしたけど、悔しい方が多かったシーズンでしたね。(来季は)一番はレギュラーを取りにいきたいと思います」

 2年目の今季は4月中旬に支配下登録を勝ち取ると、6月10日の日本ハム戦(札幌D)でプロ初安打。9月30日の広島戦(甲子園)では玉村からバックスクリーン左へ初本塁打を放った。優勝争いまっただ中の終盤戦も先発出場を果たすなど、34試合で打率1割7分9厘、1本塁打、2打点だった。

 2軍では首位打者(打率3割1分5厘)、最高出塁率(3割9分1厘)の2冠。来季は上の舞台で自慢の打撃力を発揮する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請