【日本ハム】細川凌平が50万円増でサイン 新庄新体制の「顔になれるように」

スポーツ報知
契約更改を終えリモート取材を受ける日本ハム細川凌平(球団提供)

 日本ハムの細川凌平内野手が25日、札幌市内で契約更改交渉を行い50万円増の570万円(推定)でサインした。智弁和歌山高から20年ドラフト4位で入団。新人年は右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折もありながら、終盤に1軍デビュー。プロ初安打を放つなど、将来の正遊撃手候補の片りんを見せた。

 新庄剛志新監督の求めるタレントに立候補した。ビッグボスとは秋季キャンプで初対面。歩き方、立ち姿に一流のオーラを感じ取った。高校時代には元マリナーズのイチロー氏から指導も受けた細川は「イチローさんもかっこよかったです。自分があこがれている選手はいつ見てもかっこいい。守備していても、バッティングをしていても、歩いていても、立っていても、何をしていてもかっこいい選手に自分もなりたい」。2人の一流の姿が、細川の最高の指標になっている。

 ブレイクが期待される2年目へ「(チームの)顔になれるような選手にならなきゃいけない。来年は1年間1軍にいること。そして、シーズンが終わるときに、『ショートは細川に任せられるな』と思ってもらえるような選手、プレーをしていきたいなと思います」と力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請