賞金女王王手の稲見萌寧はショット不調で74…古江と10打差25位発進に「80くらい打ってもおかしくない内容」

スポーツ報知
9番、先にティーショットを終えた古江彩佳(左)と交代してティーオフに向かう稲見萌寧 (カメラ・馬場 秀則)

◆報知新聞社後援 ▽女子プロゴルフツアー メジャー最終戦 JLPGAツアー選手権リコー杯 第1日(25日、宮崎・宮崎CC=6543ヤード、パー72)

 賞金ランク首位の稲見萌寧(都築電気)は1バーディー、3ボギーの2オーバー、74で首位と10打差の25位と出遅れた。

 約1697万円差のランク2位で追う古江彩佳(富士通)との最終組対決は対照的な出だしとなった。8アンダー、64で単独首位発進した古江に対し、稲見はショットが乱れる場面が目立った。4番でグリーンを外し、初ボギー。続く5番パー3は第1打を左手前バンカーに入れ、連続ボギーを喫した。

 10番でも左ラフからの第2打をグリーン手前のバンカーに入れボギー。最終18番で、ピン奥6メートルから下りのフックラインを沈めて、初バーディーを奪った。

 ラウンド後は「ショットの調子が悪く、ティーショットが曲がり、パーを取るのがいっぱいいっぱいだった。(5番第1打で)一発ミスってから頭の中が分からなくなった。80くらい打ってもおかしくない内容だった。(最後のバーディーは)ノーバーディーで来ていたので、何とか耐えてよかった」と振り返った。残りの戦いへ、「まだ3日間あるので、毎日なるべくアンダーを出せるように頑張るだけ」と巻き返しを誓った。

 ◆賞金女王決定の条件 今大会の優勝賞金は3000万円。稲見は2人の2位タイ(1500万円)以上なら、古江が優勝しても抜かれない。古江は優勝し、稲見が3人以上の2位タイ(3人の場合1280万円)、もしくは単独3位(1200万円)以下で逆転する。また、古江が単独2位(1800万円)で、稲見が単独14位(96万円)以下で入れ替わる。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請