【阪神】石井大智、250万円増の800万円でサイン「新人4人で自分だけファームに落ちて情けない」

スポーツ報知
契約更改を終え会見場に入る阪神・石井大智(代表撮影)

 阪神・石井大智投手が25日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、250万円アップの800万円でサインした。「自分自身も良いスタートを切れたと思うんですけど、シーズンを通して活躍することができなかった」と悔しさをにじませた。

 新人だった今季は中継ぎとして開幕1軍をつかんだが、18試合の登板で0勝1敗、防御率6・23。後半戦は2試合しか1軍登板がなく、2軍暮らしが続いた。佐藤輝、中野、伊藤将と同期入団の3人が1軍の主力級の活躍を見せただけに、複雑な心境だった。

 「(開幕メンバーに入った)新人4人のうち、自分だけが(1、2軍を)行ったり来たりしているところで悔しさというか。ファームに落ちて情けないと感じた。食事している時に1軍の試合が放送されていて、そこに輝、中野さん、将司さんが出ていて、やるせない気持ちというか、ここにいちゃダメだと。来年はずっと1軍にいられるように頑張りたい」

 150キロ超の速球とシンカーが持ち味だが、秋山を参考にしたナックルカーブも試すなど、レベルアップを図っている。「カーブは指を立てて、すごい良くなった。最低限、今年の成績は超えないといけないと思いますし、最低30試合というところを目標に掲げてやっていきたいと思っています」と2年目の巻き返しを誓った。(金額は推定)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請