2024年パリ五輪マラソン代表選考のMGC進出条件発表…男子は基準記録が1分上がる

2019年9月のMGCでは建設中の新国立競技場を背に服部勇馬(左端)らが力走した
2019年9月のMGCでは建設中の新国立競技場を背に服部勇馬(左端)らが力走した

 日本陸連は25日、24年パリ五輪男女マラソンの代表選考レースであるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場条件を発表した。23年秋に実施予定(場所未定)のMGCへ進出するためには約2年のシリーズを戦うことになり、細かい基準が設けられた。

 基本的には東京五輪代表選考の過程とほぼ同じだが、男子は基準記録が1分上がっている。また、現時点での大会ランクが設けられ、G1(男子=福岡国際、別府大分、大阪、東京、女子=大阪国際、名古屋ウィメンズ、東京)、G2(男子=防府、女子=大阪)が定められた。追加大会についても、今後検討を進めていくという。

 以下、MGC進出条件。

【男子G1レース=福岡国際、別府大分、大阪、東京】

〈1〉日本人1~3位+2時間10分0秒以内

〈2〉日本人4~6位+2時間9分0秒以内

〈3〉2時間8分以内=ワイルドカード

【男子G2レース=防府】

〈1〉日本人1位+2時間10分0秒以内

〈2〉日本人2~6位+2時間9分0秒以内

〈3〉2時間8分以内=ワイルドカード

【男子国際大会=ワイルドカード】

〈1〉オレゴン世界陸上=8位以内

〈2〉杭州アジア大会=3位以内

〈3〉対象国際レース×1本=2時間8分0秒以内

〈4〉対象国際レース×2本=平均で2時間10分0秒以内(国際レース+国内レースの計算でも可)

【男子その他国内レース=ワイルドカード】

〈1〉JMC加盟レース×1本=2時間8分0秒以内

〈2〉JMC加盟レース×2本=平均で2時間10分0秒以内(国際レース+国内レースの計算でも可)

【男子JMCランキング=ワイルドカード】

〈1〉シリーズ1=ランキング上位8人

〈2〉シリーズ2=ランキング上位8人(シリーズ1と重複しても繰り上げはなし)

【女子G1レース=大阪国際、名古屋ウィメンズ、東京】

〈1〉日本人1~3位+2時間28分0秒以内

〈2〉日本人4~6位+2時間27分0秒以内

〈3〉2時間24分以内=ワイルドカード

【女子G2レース=大阪】

〈1〉日本人1位+2時間28分0秒以内

〈2〉日本人2~6位+2時間27分0秒以内

〈3〉2時間24分以内=ワイルドカード

【女子国際大会=ワイルドカード】

〈1〉オレゴン世界陸上=8位以内

〈2〉杭州アジア大会=3位以内

〈3〉対象国際レース×1本=2時間24分0秒以内

〈4〉対象国際レース×2本=平均で2時間28分0秒以内(国際レース+国内レースの計算でも可)

【女子その他国内レース=ワイルドカード】

〈1〉JMC加盟レース×1本=2時間24分0秒以内

〈2〉JMC加盟レース×2本=平均で2時間28分0秒以内(国際レース+国内レースの計算でも可)

【女子JMCランキング=ワイルドカード】

〈1〉シリーズ1=ランキング上位8人

〈2〉シリーズ2=ランキング上位8人(シリーズ1と重複しても繰り上げはなし)

2019年9月のMGCでは建設中の新国立競技場を背に服部勇馬(左端)らが力走した
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請