G1・2勝馬ワールドプレミアが現役引退 今後は種牡馬入りを予定

スポーツ報知
19年の菊花賞を制したワールドプレミア(左)

 2019年の菊花賞馬、ワールドプレミア(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)が11月25日付で競走馬登録を抹消されたことが同日、JRAから発表された。今後は北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬入りする予定。

 同馬は3歳時に菊花賞・G1で重賞初制覇を飾り、今年は天皇賞・春でG1・2勝目を挙げた。今秋は始動戦の天皇賞・秋で11着に敗れた後、ジャパンC(11月28日、東京・芝2400メートル)への出走を目指していたが、登録を見合わせていた。通算成績は12戦4勝。獲得賞金は4億5594万3000円。

 友道調教師「ワールドプレミアが菊花賞を勝ってくれたことで、うちの厩舎は牡馬3冠を達成できましたし、すごく思い入れのある存在です。古馬になっても天皇賞・春を勝ってくれたように、スタミナがすごくあった馬ですから、それが産駒にも伝わってくれればいいですね」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請