井岡一翔と大みそか統一戦のアンカハス 「井岡のパンチ力は非常に危険」

スポーツ報知
大晦日に行われるWBO・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦が決まり、ジェルウィン・アンカハスのパネルを手にする井岡一翔(カメラ・岩崎 龍一)

◆プロボクシング ▽WBO&IBF世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)王座統一戦12回戦 WBO王者・井岡一翔―IBF王者ジェルウィン・アンカハス(12月31日、東京・大田区総合体育館)

 トラロックエンターテインメントは25日、日本男子初の世界4階級制覇王者でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(志成)が12月31日、東京・大田区総合体育館で、IBF世界同級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)と王座統一戦を行うと発表した。戦績は井岡が27勝(15KO)2敗、アンカハスが33勝(22KO)1敗2分け。

 井岡はこの日、都内で記者会見を行ったが、席上では、対戦相手のアンカハスから届けられたビデオメッセージが公開された。10度目の防衛を目指すIBF王者は「統一戦は私の夢だったのでとても楽しみだ」とコメント。「井岡はこの階級の王者の中でベストな選手だと思う。彼と闘うことを切望していたし、実現できてうれしく思う」と話した。

 29歳のアンカハスは、“パッキャオ2世”の異名を持ち、パワフルな左ストレートと高度なテクニックで防衛を9度重ねてきた。「井岡の人柄はとても謙虚だけど、彼のパンチ力は非常に危険なので、注意しなければならない」と警戒していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請