福原遥、22年後期朝ドラ「舞いあがれ!」のヒロインに抜てき 朝ドラヒロインの夢つかむ

スポーツ報知
来年後期のNHK連続テレビ小説のヒロインに決まった福原遥

 女優の福原遥が、2022年度後期の連続テレビ小説「舞いあがれ!」のヒロインに決定したことが25日、NHKから発表された。

 パイロットになる夢に向かって奮闘するヒロイン・舞の物語。主人公がパイロットを目指す朝ドラは、1976年前期の「雲のじゅうたん」(主演・浅茅陽子)以来、46年ぶり。描かれる時代は1990年代から現在。東大阪で町工場を営む両親と兄の4人家族の舞は、祖母の住む自然豊かな長崎・五島列島で、空高く舞い上がる「ばらもん凧」に魅了される。あんなふうに空高く飛びたい―。パイロットになるために努力を重ね、夢に向かっていく挫折と再生のドラマだ。長崎が舞台になるのは03年後期「てるてる家族」(主演・石原さとみ)以来19年ぶり。五島列島は初めてとなる。

 2019年、本紙の取材に応じた福原は目標に朝ドラのヒロインを掲げ「家族の愛や、夢に向かって頑張ってる女の子を演じたいんです。出たいなってずっと思っていますし、頑張ろうなといつも思っています」。憧れの女優には、東日本大震災直後の11年4月に放送がスタートした「おひさま」でヒロインを務めた井上真央の名を挙げ「私の演技で『おひさま』でもらったような勇気や人の人生を変えられる存在になりたい。もっとそこを真剣に考えて(観客や視聴者の)皆さんへのメッセージを届けられるようになりたい」と語っていた。夢をつかんだ福原が、日本中のお茶の間に勇気や元気を届ける。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請