【中日】田島慎二が2000万増でサイン「立浪監督と一緒に野球ができることも大きかった」国内FAは封印

スポーツ報知
ナゴヤ球場で契約更改した中日・田島

 中日・田島慎二投手が25日、ナゴヤ球場で契約更改に臨み、2000万増の3500万円+出来高(推定)でサインした。今季取得した国内フリーエージェント権(FA権)は行使しなかった。

 プロ10年目の今季は22試合に登板し2勝1敗、8ホールド。防御率2・45だった。今季は右肘のトミー・ジョン手術から完全復活し、通算100ホールドを達成するなど、チーム残留を決めた祖父江らとともに中継ぎ陣を支えた。

 田島は「球団から『来年以降も期待している』と言われた。(残留の決め手は)球団から残ってもらいたいという気持ちも伝わったし、子どものころからずっと見ていた立浪監督と一緒に野球ができることも大きかった。(残留を報告した)立浪監督からは『一緒に頑張ろう』と声をかけてもらった。一緒に野球ができるだけでうれしいが、期待に応えられるように頑張りたい」と意気込んだ。

 来季に向けては「これからも生活のなかでけがは避けていきたい。一年一年やりきる気持ち、守りに入らずに全力でやっていきたい。チームとして優勝したい、そこだけ。チームが優勝する輪の中にいたいし、1試合でも多く投げたい」と気持ちを込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請