【神宮大会】大阪桐蔭が松尾汐恩の3ランなど5回終了で8―5とリード 広陵との決勝

スポーツ報知
4回1死一、二塁、左越えに3ランを放った大阪桐蔭の松尾汐恩(カメラ・泉 貫太)

◆第52回明治神宮野球大会最終日 ▽高校の部決勝 大阪桐蔭―広陵(25日・神宮)

 初優勝を目指す大阪桐蔭(近畿)が、5回が終わって8―5とリードしている。

 大阪桐蔭は3回、丸山一喜一塁手の2点適時打と田井志門左翼手の右前適時打、鈴木塁遊撃手(いずれも2年)の適時二塁打で4点を先取した。

 4回は松尾汐恩捕手(2年)の左越え3ランで加点した。5回は敵失で1点を加えた。

 広陵は0―8の5回、真鍋慧一塁手の適時内野安打、田上夏衣左翼手(ともに1年)の中前適時打、大山陽生捕手(2年)の適時内野安打、川瀬虎太朗遊撃手(2年)の右犠飛などで5点を返した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請