タチウオ数釣り本番!良型サバも13尾…兵庫・明石「名田屋」報知FC

スポーツ報知
名田屋の乗合船でタチウオを狙う釣り人たち。今は数釣りが期待できる

 大阪湾のタチウオ釣りは、異常なほどのクロサバフグが邪魔をして苦戦していた。しかし、水温低下でフグがおとなしくなって、数が釣れるようになったらしい。

 それに、枝バリ仕掛けでよく肥えたサバが釣れるから、そちらも楽しみ。「秋サバは嫁に食わすな」との言葉もあるほどサバがおいしい時期だから、そちらも狙いたい。明石港出船の報知フィッシングクラブ「名田屋」で15日、釣行した。

 午前5時半に受け付けを済ませて、まだ暗いうちに出港。30分ほど走って神戸沖のポイント着き、開始した。

 50号のタチウオテンヤに、配られた塩漬けのイワシを縛り付け、サバ狙いの枝バリ仕掛にはサンマの切り身を付けて下ろした。

 早朝はタナが浅いようで、水深95メートルのポイントでも60メートル付近で反応が出た。コツコツと来てクーッと穂先を押さえたところで合わせると目測80センチ、指3本足らずの“小タチ”だった。「やはり、上は小型か…」。

 明るくなってから90メートル付近でアタリが続き、時には穂先が水面まで引き込まれて95センチの良型が釣れたが、まだ念願の「メーター超え」は出なかった。

 やがてサバが回ってきた。底から10メートルほど巻き上げたところで、ククンッと穂先を揺さぶるアタリ。グイグイと締め込む強い引きがあり、40センチオーバーのよく肥えて丸々としたサバが上がってきた。

 時にはサバの“連チャン”があり、それはうれしいのだが、隣の人は良型タチウオを連発させていたから、うらやましかった。

 どうやら餌に秘密がありそうで、クーラーからプリプリの新鮮な小型イワシを取りだして使っていた人だけが、良型タチウオを連発していた。水深90メートルの超深場は真っ暗なはずだけど、ヤツには餌の鮮度が分かるのか…。

 午後1時に沖上がり。私の釣果はタチウオ16尾(80~95センチ)、サバ13尾(38~43センチ)だった。

 問い合わせは「名田屋」(TEL078・912・7211)へ。乗合船の料金は、神戸沖へは平日1人6500円、土、日、祝日1人7000円、洲本沖へは全日1人7000円(いずれもイワシ1パック付き)。(報知APG・大西 満)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請