【日本S記録メモ】ヤクルト石川雅規、41歳10か月シリーズ勝利 50年の毎日・若林忠志に次ぐ年長記録

スポーツ報知
日本シリーズ史上2番目の年長勝利を挙げた石川雅規

◆SMBC日本シリーズ2021 第4戦 ヤクルト2―1オリックス(24日・東京ドーム)

 「SMBC 日本シリーズ2021」第4戦は、ヤクルトがオリックスを1点差で破り、3勝1敗で20年ぶりの日本一へ王手をかけた。先発した石川が、直球は130キロ台前半ながら変幻自在の投球で6回3安打1失点。41歳10か月のシリーズ勝利は左腕最年長、セ・リーグでも最年長の快挙となった。2勝1敗から王手をかけたチームのV率は96%。前年最下位から日本一になれば、1960年の大洋以来、実に61年ぶりとなる。

 * * *

 ▼年長2番目勝利 41歳10か月の石川(ヤ)が勝ち投手。40歳以上で登板したのは、16年〈3〉戦の黒田博樹(広)以来7人目(11度目)。年長では6番目になる。41歳10か月での勝利は、50年〈1〉戦に勝利した若林忠志(毎日)の42歳8か月に次いで年長2番目の勝利。セ投手では02年〈3〉戦に勝った工藤公康(巨)の39歳5か月を抜いてセ最年長だ。

 ▼先発最小兵勝利 石川は身長167センチ。シリーズで身長170センチ未満で勝ったのは、50年〈2〉〈5〉〈6〉戦の野村武史(毎日)が168センチ、13年〈3〉〈7〉戦の美馬学(楽)が169センチ、16年〈4〉戦の谷元圭介(日)が166センチで石川が4人目。谷元はリリーフ勝利で、先発勝利では石川が最も小兵になる。

 ◆若林忠志とは 法大からコロムビアを経てプロ入りした日系2世の右腕。プロ野球創設の1930年代から現在の阪神で活躍し、2リーグ制になった50年にパ・リーグの毎日(現ロッテ)に移籍。42歳で迎えた第1回日本シリーズ初戦に先発して松竹を相手に延長12回完投、1失点で白星を挙げた。53年に引退するまで通算237勝144敗。ナックルなど多彩な球種は「七色の変化球」と呼ばれた。64年野球殿堂入り。65年に57歳で死去した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請