【日本S】ヤクルト・石川雅規、41歳の原動力は若手に「すげえなと言われる存在でいたい」

スポーツ報知
6回2死一塁、吉田正尚を二飛に打ち取り、ガッツポーズをする石川雅規(カメラ・相川 和寛)

◆SMBC日本シリーズ2021 第4戦 ヤクルト2―1オリックス(24日・東京ドーム)

 「SMBC 日本シリーズ2021」第4戦は、ヤクルトがオリックスを1点差で破り、3勝1敗で20年ぶりの日本一へ王手をかけた。先発した石川が、直球は130キロ台前半ながら変幻自在の投球で6回3安打1失点。41歳10か月のシリーズ勝利は左腕最年長、セ・リーグでも最年長の快挙となった。2勝1敗から王手をかけたチームのV率は96%。前年最下位から日本一になれば、1960年の大洋以来、実に61年ぶりとなる。

 * * *

 石川を突き動かす原動力が、若手への対抗心だ。今季は20歳の奥川がチームトップ9勝、左腕の高橋も日本シリーズ2戦目で完封勝利を挙げた。若い力が台頭しているが「若手とがむしゃらに勝負して、やっぱり石川さんってすげえなと言われる存在でいたい。年を取ってきたな、落ちてきたなと思われないように。そのためにしっかりと結果を出さなきゃいけない」と闘志を隠さない。

 来年1月で42歳となる。胸の内には「僕がずっと投げ続けることがチームの未来を思えば、いいのかどうかは分からない」と複雑な思いも抱える一方で「プレーヤーとしては一年でも長く戦力として戦いたいというのが本音。まだまだできるんじゃないかと自分に期待したい部分もある」と野球少年のように声を弾ませる。頂上決戦で見せたのは、磨き続けてきた投球術。向上心は尽きることはない。(小島 和之)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請