【日本S】青学大恩師がヤクルト石川雅規を絶賛「教科書のよう」

スポーツ報知
2回無死一塁、安達了一を遊ゴロ併殺に打ち取った石川雅規(カメラ・相川 和寛)

◆SMBC日本シリーズ2021 第4戦 ヤクルト2―1オリックス(24日・東京ドーム)

 「SMBC 日本シリーズ2021」第4戦は、ヤクルトがオリックスを1点差で破り、3勝1敗で20年ぶりの日本一へ王手をかけた。先発した石川が、直球は130キロ台前半ながら変幻自在の投球で6回3安打1失点。41歳10か月のシリーズ勝利は左腕最年長、セ・リーグでも最年長の快挙となった。2勝1敗から王手をかけたチームのV率は96%。前年最下位から日本一になれば、1960年の大洋以来、実に61年ぶりとなる。

 * * *

 石川の青学大時代の恩師・河原井正雄氏(67)が、まな弟子の好投を絶賛した。130キロ台の直球に変化球を織り交ぜた変幻自在の投球を「石川というピッチャーという価値をあらためて示した試合。野球少年に、僕にもできると思わせるような、夢を与える投球だった」とたたえた。

 この日は、横浜市内の自宅でテレビ観戦。「今の野球界は、大谷に代表されるように恵まれた体で160キロを投げたり、遠くまで飛ばすといった点が注目されがち」と分析。そして「足も速くないし、肩もそんなに強くない。身長も170センチに満たない。それでも、同じ腕の振りからいろんな球種を投げ込み、オリックスのバッターを完全に打ち取っていた。教科書のようだった」とうなずいた。

 また、41歳でも第一線で活躍していることに「大学時代にひたすら走り込み、投げ込んだ財産がある。自分を極限まで追い込み続ける努力があったから、パフォーマンスが落ちないんだろうね」と目を細めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請